女性の薄毛による悩みは男性より深刻

女性の薄毛は、男性型脱毛とは原因も治療法も大きく異なる特徴があります。

男性型脱毛の多くは男性ホルモンが影響しているのに対し、女の人の脱毛は原因とされるものが多く存在します。


女の人の脱毛の主な原因としては、ダイエットやストレスのような生活に関わるものから、妊娠や老化といった年齢や体調面の問題がある時におきやすいとされています。


特に妊娠や加齢によって身体に変化が出ると、女性ホルモンのバランスが崩れやすくなり、それが薄毛になるのに一役買っているといわれています。



脱毛のしかたも生え際や頭頂部から薄くなっていく男性型脱毛に対し、女の人の脱毛は髪全体が薄くなっていく傾向がみられます。
男性型脱毛の場合その部分だけ毛髪がなくなってしまうのに対し、女の人の場合は円形脱毛症でもない限りは毛髪がまったく無くなってしまう湯な事態は考えにくいことです。



このように原因も脱毛のしかたも異なるため、男性型脱毛の治療法は女の人には流用はできません。



男性型脱毛で効果をあげている育毛剤やミノキシジルを始めとした薬も、女の人の薄毛治療にはほとんど効果を発揮しないとされます。


そのため女の人の脱毛の治療をする場合は、女性向けの治療を行う必要があります。

女性の薄毛の原因は、その方によってまったく違うことが考えられます。そのため自身の髪の毛のトラブルに気がついた時は、専門クリニックを受診し診察を受けたうえで適切な治療を受けることが大切です。